COACHマディソン♪

人気ブランドCOACHマディソン♪レディース&メンズ、財布、バッグ、靴等を紹介します。

 
  • ジェイソン・ウー、CFDA/ヴォーグ基金授賞式で着る服は? 写真1枚 

    【10月29日 MODE PRESS】

    CFDA/ヴォーグ・ファッション・ファンド( CFDA/Vogue Fashion Fund )08年度ファイナリストのひとりに選出された、台湾出身デザイナーのジェイソン・ウー( Jason Wu )が、授賞式当日のファッションについてコメントした。

      ニューヨークで21日に開かれたユークス( YOOX )のパーティに出席したウーは、「授賞式当日は、クリスティナ・ハトソン( Christina Hutson )の服を着ていくつもりだよ!」とコメント。『オビーディエント・サンズ&ドーターズ( Obedient Sons and Daughters )』を手がけるハトソンは、ウーと同じく今年度のファイナリストにノミネート。選考のプロセスを通して、友情を育んだのだという。「当日は彼女が何か選んでくれる予定だよ。僕は彼女たちが作るジャケットが大好きなんだ。カッティングもとても細身だからね」とウー。11月17日の授賞式では、是非ウーのスタイルをチェックしてみよう。(c)Fashion Week Daily/MODE PRESS オビーディエント・サンズ&ドーターズ09年春夏コレクション<写真> ジェイソン・ウー08/09年秋冬コレクション<写真>

    【C2C(個人間取引)サービスが続々リリースされてます】
    ECと言えばもっぱらモノを売ることを想起するが、実際にはモノだけではなくサービスもオンラインで購入することができる。そんな中、「スキル」をオンラインで売るサービスが最近脚光を浴びてきている。調べてみたらオークションに限らず結構沢山あったので注目のサイトを紹介してみます。


    【MORK(モーク)】
    モークでは個人と個人の間で物品・商品、デジタル、サービスの売り買いができます。時間と場所に関係なく、誰にでも簡単にはじめられる新しい「働き方」です。決済には円とドルに対応し、仮想通貨も選ぶことができる。


    【coconala(ココナラ)】
    500円で自分のスキルや知識を販売ができるサービス。出品したスキルに買い手がつけば成立。似顔絵を書いてくれたり、WEBマーケティングのちょっとした手伝いをしてくれたりアドバイスをしてくれたりすることも。出品者はお小遣い稼ぎというよりも、自分のスキルを誰かの役に立てたいと考えている人が多い印象。


    【ストリートアカデミー】
    2012年8月にローンチされたストリートアカデミーは、ストリートアカデミー株式会社(旧IntheStreet)が運営する「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ、グループによるプライベートレッスンサービスだ。利用者は30代が最も多い。人気の講座はIT関連や語学系のほか、写真や料理など趣味の分野も目立つ。

    カミーラ・ベル、第12回ハリウッド映画祭に「アルマーニ」ドレスで出席 写真2枚 

    【10月29日 MODE PRESS】

    米カリフォルニア・ビバリーヒルズ( Beverly Hills )で27日、「第12回ハリウッド映画祭( Hollywood Film Festival )」授賞式が開催された。女優のカミーラ・ベル( Camilla Belle )はジョルジオ アルマーニ( Giorgio Armani )のエメラルドカラーのドレスで出席。真っ赤なルージュと合わせてエレガントな着こなし、圧倒的な存在感を示した。(c)Fashion Week Daily/MODE PRESS

    【C2C(個人間取引)サービスが続々リリースされてます】
    ECと言えばもっぱらモノを売ることを想起するが、実際にはモノだけではなくサービスもオンラインで購入することができる。そんな中、「スキル」をオンラインで売るサービスが最近脚光を浴びてきている。調べてみたらオークションに限らず結構沢山あったので注目のサイトを紹介してみます。


    【MORK(モーク)】
    モークでは個人と個人の間で物品・商品、デジタル、サービスの売り買いができます。時間と場所に関係なく、誰にでも簡単にはじめられる新しい「働き方」です。決済には円とドルに対応し、仮想通貨も選ぶことができる。


    【coconala(ココナラ)】
    500円で自分のスキルや知識を販売ができるサービス。出品したスキルに買い手がつけば成立。似顔絵を書いてくれたり、WEBマーケティングのちょっとした手伝いをしてくれたりアドバイスをしてくれたりすることも。出品者はお小遣い稼ぎというよりも、自分のスキルを誰かの役に立てたいと考えている人が多い印象。


    【ストリートアカデミー】
    2012年8月にローンチされたストリートアカデミーは、ストリートアカデミー株式会社(旧IntheStreet)が運営する「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ、グループによるプライベートレッスンサービスだ。利用者は30代が最も多い。人気の講座はIT関連や語学系のほか、写真や料理など趣味の分野も目立つ。

    ワースト・ドレッサー賞で知られるファッション批評家、Mr.ブラックウェル死去 写真2枚 

    【10月29日 AFP】

    毎年女性セレブの「ワースト・ドレッサー」を発表していたリストファッション評論家のMr.ブラックウェル( Mr. Blackwell )ことリチャード・シルバン・セルザー( Richard Selzer )氏が19日、ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センター( Cedars-Sinai Medical Center )で死亡した。86歳だった。

     毒舌のファッション批評で知られるMr.ブラックウェルは、60年から毎年10名の「ワースト・ドレッサー」のリストを発表。過去には、マリリン・モンロー( Marilyn Monroe )をはじめ、ソフィア・ローレン( Sophia Loren )、エリザベス・テーラー( Elizabeth Taylor )、最近ではブリトニー・スピアーズ( Britney Spears )、パリス・ヒルトン( Paris Hilton )、ヴィクトリア・ベッカム( Victoria Beckham )などがリスト入りしていた。

     エリザベス・テーラーを「彼女のぽっちゃり体型とそれを露にするドレスは、ツェッペリン(飛行船)を思い出させるよ」、ソフィア・ローレンを「彼女の着こなし方はまるで、映画に出てくるイタリアのショップガールみたいだ」と酷評。英国のエリザベス女王( Queen Elizabeth II )を「女王陛下と言うより、まがいものだ」とこき下ろす等、辛辣な批評を展開した。

     Mr.ブラックウェルことセルザー氏は1922年8月29日、ニューヨークのブルックリンで誕生。貧しい家庭で次男として育った。1930年代後半からハリウッドで役者を目指したが、長くは続かなかった。その後、ファッションビジネスの分野に転向したが、それも70年代中盤で挫折。その後にファッション評論家に転身。辛口のコメントに、毎年多くのメディアが注目していた。(c)AFP

    【C2C(個人間取引)サービスが続々リリースされてます】
    ECと言えばもっぱらモノを売ることを想起するが、実際にはモノだけではなくサービスもオンラインで購入することができる。そんな中、「スキル」をオンラインで売るサービスが最近脚光を浴びてきている。調べてみたらオークションに限らず結構沢山あったので注目のサイトを紹介してみます。


    【MORK(モーク)】
    モークでは個人と個人の間で物品・商品、デジタル、サービスの売り買いができます。時間と場所に関係なく、誰にでも簡単にはじめられる新しい「働き方」です。決済には円とドルに対応し、仮想通貨も選ぶことができる。


    【coconala(ココナラ)】
    500円で自分のスキルや知識を販売ができるサービス。出品したスキルに買い手がつけば成立。似顔絵を書いてくれたり、WEBマーケティングのちょっとした手伝いをしてくれたりアドバイスをしてくれたりすることも。出品者はお小遣い稼ぎというよりも、自分のスキルを誰かの役に立てたいと考えている人が多い印象。


    【ストリートアカデミー】
    2012年8月にローンチされたストリートアカデミーは、ストリートアカデミー株式会社(旧IntheStreet)が運営する「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ、グループによるプライベートレッスンサービスだ。利用者は30代が最も多い。人気の講座はIT関連や語学系のほか、写真や料理など趣味の分野も目立つ。

    第25回FGIナイト・オブ・スターズ授賞式開催、ドナテッラ・ヴェルサーチら受賞 写真28枚 

    【10月28日 MODE PRESS】

    ファッション・グループ・インターナショナル( Fashion Group International 略称:FGI)は23日、ファッション/デザイン界で著しい功績をあげた人物を称える「第25回FGIナイト・オブ・スターズ( FGI Night of Stars )」をニューヨークで開催した。 会場となったイタリアン・レストランのシプリアーニ( Cipriani )には、スーパースター賞( Superstar award )を受賞したデザイナーのドナテッラ・ヴェルサーチ( Donatella Versace )や、プレゼンターを務めた歌手のプリンス( Prince )と女優/歌手のジェニファー・ロペス( Jeniffer Lopez )らが登場。 デザイナーのカール・ラガーフェルド( Karl Lagerfeld )や女優のケイト・ボスワース( Kate Bosworth )、米「ヴォーグ( Vogue )」のアナ・ウィンター( Anna Wintour )編集長、「ハーパース・バザー( Harper's Bazaar )」のグレンダ・ベイリー( Glenda Bailey )編集長ら豪華ゲストが祝福した。 受賞者一覧:

    ■ Superstar (総合):ドナテッラ・ヴェルサーチ/ヴェルサーチ( Versace )

    ■ Star Honorees (デザイン): ・フランシスコ・コスタ( Francisco Costa )/カルバン クライン( Calvin Klein ) ・クリストファー・ベイリー( Christopher Bailey )/バーバリー( Burberry ) ・カルラ・ソッツァーニ( Carla Sozzani )/セレクトショップ「10コルソ・コモ( 10Corso Como )」 ・フランカ・ ソッツァーニ( Franca Sozzani )/伊ヴォーグ( Vogue )編集長 ・クリスチャン・ルブタン( Christian Louboutin )

    ■ Architecture (建築):フィリップ・スタルク( Philippe Starck )/建築家・プロダクトデザイナー

    ■ Beauty (ビューティー):ボビー・ボラウン( Bobbi Brown )

    ■ Corporate Leadership (企業リーダー):ナタリー・マスネー( Natalie Massenet )/英バーチャル・ファッションストア、ネッタポルテ( Net-a-Porter )会長

    ■ Sustainability (環境): John Paul de Joria /自然成分のヘアケア商品を手がける「ポール ミッチェル( Paul Mitchell )」創業者

    ■ Entertainment (エンターテイメント):ハーヴェイ・ワインスタイン( Harvey Weinstein )/映画プロデューサー

    ■ Humanitarian (人道的活動):ビル・マッコム( Bill McComb )会長/リズクレイボーン基金( Liz Claiborne Foundation ) (c)Fashion Week Daily/MODE PRESS

    【C2C(個人間取引)サービスが続々リリースされてます】
    ECと言えばもっぱらモノを売ることを想起するが、実際にはモノだけではなくサービスもオンラインで購入することができる。そんな中、「スキル」をオンラインで売るサービスが最近脚光を浴びてきている。調べてみたらオークションに限らず結構沢山あったので注目のサイトを紹介してみます。


    【MORK(モーク)】
    モークでは個人と個人の間で物品・商品、デジタル、サービスの売り買いができます。時間と場所に関係なく、誰にでも簡単にはじめられる新しい「働き方」です。決済には円とドルに対応し、仮想通貨も選ぶことができる。


    【coconala(ココナラ)】
    500円で自分のスキルや知識を販売ができるサービス。出品したスキルに買い手がつけば成立。似顔絵を書いてくれたり、WEBマーケティングのちょっとした手伝いをしてくれたりアドバイスをしてくれたりすることも。出品者はお小遣い稼ぎというよりも、自分のスキルを誰かの役に立てたいと考えている人が多い印象。


    【ストリートアカデミー】
    2012年8月にローンチされたストリートアカデミーは、ストリートアカデミー株式会社(旧IntheStreet)が運営する「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ、グループによるプライベートレッスンサービスだ。利用者は30代が最も多い。人気の講座はIT関連や語学系のほか、写真や料理など趣味の分野も目立つ。

    ケイト・ボスワース、第25回FGI授賞式に「バーバリー」ドレスで登場 写真5枚 

    【10月28日 MODE PRESS】

    ファッション・グループ・インターナショナル( Fashion Group International 略称: FGI )は23日、ファッション/デザイン界で著しい功績をあげた人物を称える「第25回FGIナイト・オブ・スターズ( FGI Night of Stars )」をニューヨークで開催した。

     ゲストの女優ケイト・ボスワース( Kate Bosworth )は、デザイン部門にあたる「 Star Honorees 」を受賞したバーバリー( Burberry )のクリストファー・ベイリー( Christopher Bailey )と一緒に会場入り。ゴージャスなファーをあしらったバーバリーのドレスをリラックスしたムードで着こなした。(c)Fashion Week Daily/MODE PRESS

    【C2C(個人間取引)サービスが続々リリースされてます】
    ECと言えばもっぱらモノを売ることを想起するが、実際にはモノだけではなくサービスもオンラインで購入することができる。そんな中、「スキル」をオンラインで売るサービスが最近脚光を浴びてきている。調べてみたらオークションに限らず結構沢山あったので注目のサイトを紹介してみます。


    【MORK(モーク)】
    モークでは個人と個人の間で物品・商品、デジタル、サービスの売り買いができます。時間と場所に関係なく、誰にでも簡単にはじめられる新しい「働き方」です。決済には円とドルに対応し、仮想通貨も選ぶことができる。


    【coconala(ココナラ)】
    500円で自分のスキルや知識を販売ができるサービス。出品したスキルに買い手がつけば成立。似顔絵を書いてくれたり、WEBマーケティングのちょっとした手伝いをしてくれたりアドバイスをしてくれたりすることも。出品者はお小遣い稼ぎというよりも、自分のスキルを誰かの役に立てたいと考えている人が多い印象。


    【ストリートアカデミー】
    2012年8月にローンチされたストリートアカデミーは、ストリートアカデミー株式会社(旧IntheStreet)が運営する「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ、グループによるプライベートレッスンサービスだ。利用者は30代が最も多い。人気の講座はIT関連や語学系のほか、写真や料理など趣味の分野も目立つ。

     X 閉じる
    MORK