人気ブランドCOACHマディソン♪レディース&メンズ、財布、バッグ、靴等を紹介します。

 

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。

ワースト・ドレッサー賞で知られるファッション批評家、Mr.ブラックウェル死去 写真2枚 

【10月29日 AFP】

毎年女性セレブの「ワースト・ドレッサー」を発表していたリストファッション評論家のMr.ブラックウェル( Mr. Blackwell )ことリチャード・シルバン・セルザー( Richard Selzer )氏が19日、ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センター( Cedars-Sinai Medical Center )で死亡した。86歳だった。

 毒舌のファッション批評で知られるMr.ブラックウェルは、60年から毎年10名の「ワースト・ドレッサー」のリストを発表。過去には、マリリン・モンロー( Marilyn Monroe )をはじめ、ソフィア・ローレン( Sophia Loren )、エリザベス・テーラー( Elizabeth Taylor )、最近ではブリトニー・スピアーズ( Britney Spears )、パリス・ヒルトン( Paris Hilton )、ヴィクトリア・ベッカム( Victoria Beckham )などがリスト入りしていた。

 エリザベス・テーラーを「彼女のぽっちゃり体型とそれを露にするドレスは、ツェッペリン(飛行船)を思い出させるよ」、ソフィア・ローレンを「彼女の着こなし方はまるで、映画に出てくるイタリアのショップガールみたいだ」と酷評。英国のエリザベス女王( Queen Elizabeth II )を「女王陛下と言うより、まがいものだ」とこき下ろす等、辛辣な批評を展開した。

 Mr.ブラックウェルことセルザー氏は1922年8月29日、ニューヨークのブルックリンで誕生。貧しい家庭で次男として育った。1930年代後半からハリウッドで役者を目指したが、長くは続かなかった。その後、ファッションビジネスの分野に転向したが、それも70年代中盤で挫折。その後にファッション評論家に転身。辛口のコメントに、毎年多くのメディアが注目していた。(c)AFP

【C2C(個人間取引)サービスが続々リリースされてます】
ECと言えばもっぱらモノを売ることを想起するが、実際にはモノだけではなくサービスもオンラインで購入することができる。そんな中、「スキル」をオンラインで売るサービスが最近脚光を浴びてきている。調べてみたらオークションに限らず結構沢山あったので注目のサイトを紹介してみます。


【MORK(モーク)】
モークでは個人と個人の間で物品・商品、デジタル、サービスの売り買いができます。時間と場所に関係なく、誰にでも簡単にはじめられる新しい「働き方」です。決済には円とドルに対応し、仮想通貨も選ぶことができる。


【coconala(ココナラ)】
500円で自分のスキルや知識を販売ができるサービス。出品したスキルに買い手がつけば成立。似顔絵を書いてくれたり、WEBマーケティングのちょっとした手伝いをしてくれたりアドバイスをしてくれたりすることも。出品者はお小遣い稼ぎというよりも、自分のスキルを誰かの役に立てたいと考えている人が多い印象。


【ストリートアカデミー】
2012年8月にローンチされたストリートアカデミーは、ストリートアカデミー株式会社(旧IntheStreet)が運営する「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ、グループによるプライベートレッスンサービスだ。利用者は30代が最も多い。人気の講座はIT関連や語学系のほか、写真や料理など趣味の分野も目立つ。

コメント

コメントの投稿

秘密
 X 閉じる
MORK