人気ブランドCOACHマディソン♪レディース&メンズ、財布、バッグ、靴等を紹介します。

 

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。

「やせ過ぎモデル問題」NYコレクションでも取り上げられる - 米国 写真1枚 

【ニューヨーク/米国 9日 AFP】

今月8日、アメリカのファッションデザイナーズ組合は、‘痩せすぎモデル問題’に対するガイドラインを策定すると発表した。 ?アメリカファッションデザイナーズ協議会( CFDA )は、ニューヨークコレクション( New York Collection )に向けたモデルキャスティングが開始する前に、デザイナーやモデル事務所用のガイドラインを設定すると発表した。※2007/08年秋冬ニューヨークコレクションは2月2日から開催される予定だ。 ?昨年9月頃から頻繁に取り上げられることとなった‘やせすぎモデル問題’。スペインのマドリード(Madrid)では、少女達に「細い=美しい」という誤った美意識を与えることを回避するために、体重が一定のBMI値(肥満度指数)に達しないモデルの登用を禁止した。

■特別委員会を発足、アナ・ウィンターも参加 ?CFDAは、ガイドライン策定のために特別委員会を発足。委員会には、CFDAの新議長に選出されたダイアン・フォン・ファステンバーグ( Diane von Furstenberg )をはじめとし、栄養士、精神科医、トレーナー、PR会社代表といったメンバーが揃う。 ?先週開催された会議には、US版ヴォーグ( VOGUE )誌編集長のアナ・ウィンター( Anna Wintour )や、有力モデル事務所 DNA の代理人も出席した。

■本格的な社会問題に発展 ?11月にブラジル人モデル、アナ・カロリナ・レストン( Ana Carolina Reston )さんが拒食症で死亡したことによって、‘やせすぎモデル問題’は更に加熱。ブラジルで開催されるサンパウロ・ファッションウィーク( Sao Paolo Fashion Week )期間中には、コレクションと同時に大衆向けの「やせすぎ対策キャンペーン」が開催された。 ?イタリアでは、昨年12月に健康とされるBMI値18を下回るモデルのキャットウォークを禁止するとの規定が発表された。ちなみに、肥満度指数18とは身長175cmで体重55kg程度。 ?CFDAの前議長スタン・ハーマン( Stan Herman )は、昨年‘やせすぎモデル問題’についてAFPの記者に「今回の規制は、‘太りすぎ’を禁止するのと同様のことではないのでしょうか。今回ターゲットにされたモデルたちが訴訟を起こす可能性もあり得ます。この問題については一切関与したくないですね」とコメントしていた。 写真は1999年10月6日、フランス・パリにて撮影。(c)AFP/THOMAS COEX

【C2C(個人間取引)サービスが続々リリースされてます】
ECと言えばもっぱらモノを売ることを想起するが、実際にはモノだけではなくサービスもオンラインで購入することができる。そんな中、「スキル」をオンラインで売るサービスが最近脚光を浴びてきている。調べてみたらオークションに限らず結構沢山あったので注目のサイトを紹介してみます。


【MORK(モーク)】
モークでは個人と個人の間で物品・商品、デジタル、サービスの売り買いができます。時間と場所に関係なく、誰にでも簡単にはじめられる新しい「働き方」です。決済には円とドルに対応し、仮想通貨も選ぶことができる。


【coconala(ココナラ)】
500円で自分のスキルや知識を販売ができるサービス。出品したスキルに買い手がつけば成立。似顔絵を書いてくれたり、WEBマーケティングのちょっとした手伝いをしてくれたりアドバイスをしてくれたりすることも。出品者はお小遣い稼ぎというよりも、自分のスキルを誰かの役に立てたいと考えている人が多い印象。


【ストリートアカデミー】
2012年8月にローンチされたストリートアカデミーは、ストリートアカデミー株式会社(旧IntheStreet)が運営する「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ、グループによるプライベートレッスンサービスだ。利用者は30代が最も多い。人気の講座はIT関連や語学系のほか、写真や料理など趣味の分野も目立つ。
タグ :

コメント

コメントの投稿

秘密
 X 閉じる
MORK