人気ブランドCOACHマディソン♪レディース&メンズ、財布、バッグ、靴等を紹介します。

 

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。

アパレルブランド「トップショップ」、やせ過ぎモデルの不採用を発表 - 英国 写真1枚 

【ロンドン/英国 28日 AFP】

27日、英国大手アパレルブランド「トップショップ( Topshop )」が、ロンドンファッションウィーク中に開催するランウェイショーに洋服のサイズが0号(XSサイズ)の‘痩せすぎモデル’を採用しないと発表した。

 「トップショップ」は、手頃な価格とトレンド感溢れるデザインで人気の英国発ハイストリート・ファッションブランド。昨年、元祖痩せすぎモデルのケイト・モス( Kate Moss )とデザイナー契約を結び話題となった。

 今回のニュースは、イギリスファッション協会( BFC )が、ロンドンコレクションのランウェイ上から‘痩せすぎモデル’を追放しないと決定した数日後に発表された。2月12日から開かれる 07/08年秋冬ロンドンコレクション に向け、一連の問題に対する関心が益々高まりをみせている。

■ファッションウィーク開催前に方針発表  「トップショップ」の親会社アルカディアグループ( Arcadia Group )のオーナー、フィリップ・グリーン( Philip Green )氏は、英国デイリーテレグラフ(The Daily Telegraph)紙記者に対して「ロンドン・ファッションウィーク開催に向け、事前に方針を決めておこうと思った。我々の決断に、皆が従ってくれることを期待する」と語った。

 さらに「私たちは、‘不健康’の定義とは何かを理解している。亀裂が生じる前に、責任を持った正しい行動を示しておきたかった」とコメント。 しかし、同出場モデルたちの体重測定は行わない予定だ。

 スペインとイタリアでは、肥満度指数(BMI値)18を下回る‘痩せすぎモデル’たちのランウェイ出場を禁止している。世界保健機関(WHO)は、BMI値18.5以下を‘痩せすぎ’、BMI値18.5-24.9を‘普通’と定めている。WHOの基準に従うと、身長175cmの女性の場合は55kgの体重が必要となる。写真は2005年9月19日、英国・ロンドンにて。Topshopのショーにて撮影。(c)AFP

【C2C(個人間取引)サービスが続々リリースされてます】
ECと言えばもっぱらモノを売ることを想起するが、実際にはモノだけではなくサービスもオンラインで購入することができる。そんな中、「スキル」をオンラインで売るサービスが最近脚光を浴びてきている。調べてみたらオークションに限らず結構沢山あったので注目のサイトを紹介してみます。


【MORK(モーク)】
モークでは個人と個人の間で物品・商品、デジタル、サービスの売り買いができます。時間と場所に関係なく、誰にでも簡単にはじめられる新しい「働き方」です。決済には円とドルに対応し、仮想通貨も選ぶことができる。


【coconala(ココナラ)】
500円で自分のスキルや知識を販売ができるサービス。出品したスキルに買い手がつけば成立。似顔絵を書いてくれたり、WEBマーケティングのちょっとした手伝いをしてくれたりアドバイスをしてくれたりすることも。出品者はお小遣い稼ぎというよりも、自分のスキルを誰かの役に立てたいと考えている人が多い印象。


【ストリートアカデミー】
2012年8月にローンチされたストリートアカデミーは、ストリートアカデミー株式会社(旧IntheStreet)が運営する「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐ、グループによるプライベートレッスンサービスだ。利用者は30代が最も多い。人気の講座はIT関連や語学系のほか、写真や料理など趣味の分野も目立つ。
タグ :

コメント

コメントの投稿

秘密
 X 閉じる
MORK